「仕事だ」と言い訳することのできるFacebook

日本Facebook人口は2017年2月に2700万人になったと発表されました。これは日本人口の約21%に過ぎない数ですが

東京都の人口の2倍を超える登録者数ということになります。
そして数多ある巨大SNSの中でも特にビジネスツールとしての利用度が極端に高いツールとも言えます。
ビジネスツールとして使われているケースが多いFacebookという土俵で如何に女性を抱くか。について述べて参ります。

【仕事という羊を被った狼】

仕事で食事に行く、仕事でゴルフへ行く、仕事でキャバクラへ行く。仕事で、仕事で・・・。そんな馬鹿な話はありません。
結局は楽しい時間を作りたいだけなのです。だた「仕事で」と言うことで自分に安心感を与えることができますし、ひょっとすると勤務先から金銭的負担があるかもしれません。
何でもかんでも仕事に結びつけられるのは決して男性だけではありません。女性も、仕事だからと接待に行くこと逆に受けることがあるでしょう。「仕事」というのは大変便利な言い訳であるということ覚えておいて下さい。
ただし「仕事で仕方なく」と羊の皮を被った演技をしていると、いつしか羊に飲み込まれ本来の目的を見失ってしまいます。
あくまでも女性を抱くための言い訳として仕事をしているだけであり、あなたは本当は「狼」であるということを忘れないで下さい。

【作り込み方が重要】

では「狼」が羊の皮を被る上で大切なこととしてはFacebookでのご自身の投稿内容や回数が重要になってくるでしょう。
女性があなたからのアプローチを受け、Facebookページを見ることを想定して考えてみて下さい。
投稿回数が余りにも多いとナルシストな印象を持たれてしまいますし、テキストだらけの投稿であれば読む気力が失せます。
月2〜3回の投稿回数で、仕事で行った場所を収めた綺麗な写真を投稿しテキストは一言二言に留めることが必要になります。
あくまでも仕事に絡めながら「私は安全な人でナルシストでもありませんよ」という発信をしてページ上に罠を仕掛けておく必要があります。

【無視されて当然だと考える勇気】

ここまでが女性にアプローチを掛けるまでに必要となる準備です。釣りでいう撒き餌になります。そしてようやく釣り糸を垂らすことになるのですが、女性へのアプローチはFacebookメッセンジャーにして下さい。
下手に、Facebookページに「いいね」を押してみたり、コメントしてみたりという小細工は必要ありません。
逆に女性からすると見ず知らずの男性からのコメントが公衆の面前に晒されることになり迷惑なので控えてください。
メッセンジャーでは、いつも利用している出会い系サイトよりもライトな内容にして、自分の仕事について話してみて下さい。
そして最後に「良かったら情報交換しませんか?」と添えてください。情報交換であれば応じてくれるかもしれませんが多くの女性は見ず知らずの男性からのアプローチは無視します。この釣り糸を海に投げ込む作業を100回は繰り返すことで徐々に精度が上がってきますので、心が折れないようにしましょう。

【煙に巻くテクニックを磨く】

情報交換という名の出会いに誘い出すことができれば、真面目に女性の話を聞き、仕事の話をして下さい。そして最終的にはあなたの情報をもっと知りたいから「体でも情報交換がしたい」ということを女性に伝えましょう。
決してSEXがしたいと言ってはいけません。あくまでも仕事上でSEXするんですよ。と女性に提案してみて下さい。
これで笑ってくれたら、あなたのものです。もし断られても気にすることはありません。仕事は毎回うまくいくものではないでしょうし、どうせFacebookで釣られる女性にロクなのはいません。他のロクでもない女性を探せば良いのです。

(まとめ)

Facebookを使って女性を抱きたいのであれば「仕事だからSEXしよう」というくらいの意気込みで女性に臨んで下さい。
何を言っているのか理解できないでしょうが、それで良いのです。SEXができれば何でも良いのです。
仕事で性接待を受けることができる時代ですので、仕事でSEXしても良いのです。ぜひ参考にしてみて下さい。

Facebookだからこそ実現できるストーキング術

単語からストーカーを連想される方も多かと思いますが、Stalkingとは「獲物に気付かれないよう接近する技術」
という訳があります。
まず冒頭で申し上げることとしては、ストーカー行為を推奨しているわけではなく、あくまで技術の一つについてを
論述するということです。

【動物界に学ぶ】

大型の猫科の大型動物は概ね、この形で狩猟を行っています。気配を消し音を立てずに草食動物の風下に回り込み匂いで気付かれないようにします。低い体勢を保ちつつ、距離を詰め自分の間合いに入った瞬間に一気に喉元を掻っ切ります。百獣の王と言われているライオンでさえ、このスタイルを取ります。決して卑怯な手ではないことをご自身に言い聞かせてください。

【人間界に置き換える】

とは言いつつも、人間は風下に回ろうと体勢を低く保とうと突然飛びかかってはいけません。しっかしとした事前調査が必要であるということであり、これをFacebookで行うということです。
この時、注意点としてはあなたのターゲットは発信している情報量により決まるということです。
つまり「この女性を狙いたい」ではなく「この女性情報発信しているから狙う」というロジックになります。

【発信している情報の性質】

次に、発信されている情報の性質を見極める必要があります。具体的に必要なソースとしては下記になります。
・場所が特定できること
・定期的であること
・その場所でどういった活動を行っているか

特定のお店に定期的に足を運んでいるということでも構いませんし、勤務先での出来事でも構いません。
時間・場所・頻度、その場所の活動内容が必要となります。

【別れさせ屋に学ぶ】

世に実在する「別れさせ屋」において、エージェントの接触方法は様々ですが、ファーストコンタクトは何気ないものです。
道端でぶつかることから始まるケースもあるようです。我々はターゲットの情報ソースがFacebookに限られてきますので「別れさせ屋」のようにターゲットありきではありません。あくまでも情報ありきでスタートしターゲットを決め、道端でぶつかりにいくと言うことになります。

【結局はナンパであるという事実】

この時、Facebook自体は情報収集源としてのツールとしてしか使われないかもしれませんが、上記で収集した情報を元に現地調査を行い、ロールプレイングを行って下さい。何事も自分の目で確かめておくということが大切です。
カフェ店員などでの接客業の女性であれば接触できる可能性が上がるため障壁が低いと考えられます。数回通っているうちにターゲットとの共通点があることを装って話しかけてみるのも効果的です。ファーストコンタクトで何とかしようとするのは困難です。出会い系であっても援助でもなければ、その日のうちに抱けることは少ないかと思います。

(まとめ)

結果的にはストーカー行為のように映ってしまい誤解を生むかもしれませんが、本件においては情報収集をし接触を図る技術を論述しているだけです。抱ければ執着しませんし視界から消えますので安心いただきたいと思います。
人によってはメッセンジャーでコンタクトを取られる方法を選択されても結構ですが、偶然を装って女性にアプローチすることの緊張感を味わっていただきたいです。ぜひ参考にしてみてください。

Facebookで抱ける年間スケジュール

今回は1年を通し、どの時期にどういった層が抱けるのかを考察し年間スケジュールとしてまとめております。
ターゲットとする対象を列挙し、内容の説明とFacebookの利用についても記載しておりますので参考にして下さい。

【4月】

・ターゲット:①新女子大生
新入生は、大学入学でリア充発信のためFacebookに登録する確率が高くなります。高校生時代に登録していた層が
アクティブに活動し始めることも予想されます。また、転居などで一人暮らしとなった場合は重点的にプッシュして下さい。
これまでの実家暮らしから一転自由を得ていますので股も緩くなっているでしょう。これ以上ない期間です。
※ポイント
期間が短いです。5月に入ると中弛みが始まりますので、メッセージ送信から出会うまでの瞬発力が必要となります。
短期決戦であることを頭に入れ動いていきましょう。
・ターゲット:②新社会人
こちらも優先順位は高いと言えますが、新女子大生を優先的に処理していきましょう。理由は後述します。
新入社員となり、新女子大生と同様にリア充発信のためFacebook登録者が増加する確率が上がります。動きが激しい時期
です。同様に転居などで一人暮らしとなった新社会人は狙い目と言えます。
・ターゲット:③就活生
SNSへの注意を払い始めますので、Facebookでのレスポンスが徐々に上がってくると考えられます。旬な時期はもう少し
先になりますが、この時期からアプローチしておくと後々出会いに繋がってきます。

【5月〜6月】

・ターゲット:①新社会人
Facebookの動きは徐々に鈍くなると思われますが、ここで新社会人の優先順位が上がります。
慣れない社会人生活が一定期間経過し、大学生活への寂しさが伴ってくることで心に隙ができます。
さらに転居し大学時代とは別の都市で勤務している新社会人はより同様の理由から狙い目と言えます。
これに一人暮らしが重なると、あなたの性奴隷となることは確実であると言えます。
まだFacebookに触る習慣は残っているので、夏までは新社会人強化月間としてメッセージを送り続けて下さい。
・ターゲット:②就活生
徐々に焦りを見せ始めます。SNSでの動向チェックも引き続き高いため、Facebookはチェックしていると言えるでしょう。
新社会人を逃した時のためにも就活生へのアプローチはしっかりと行ってください。

【7月〜8月】

・ターゲット①:就活生
最も追い込みを掛けられている時期だと言えますので、しっかしアプローチしてきましょう。この時期の就活生は抱けます。
仮に内定得ている就活生であっても心に隙があるので、狙っていきましょう。
・ターゲット②:大学1〜3年生
夏季休暇期間です。Facebookへの投稿も増えアクティブになるためメッセージも届きやすいと考えられますが、競合も
増加します。Facebook内だけでなくナンパも増加します。また休暇期間中にバイトに励む女子大生も多いと思いますので
バイト先での出会いも難敵と言えるでしょう。優先順位は高くありません。
・ターゲット③:入社3年目以上の社会人
旬を過ぎてた女性でもよろしければ、ここの層をお勧めします。大企業などはこの期間に連続休暇を取得させますので
旅行などで、比較的Facebookでのリア充発信が増えると考えられます。このチャンスを狙いメッセージなどであたりを
つけておくと後々出会いに繋がります。控え要員として確保しておきましょう。
・ターゲット④:女子高生
夏季休暇ですが、一気にリスクが上がります。18歳未満を抱くと淫行で逮捕です。抜け道としては女子高生であっても
18歳であれば法律上は罪を免れます。ただし女子高生をFacebook内で発見することは至難の業と言えるでしょう。

【9〜10月】

・ターゲット:大学4年生
この期間は閑散期の入り口だと言えます。唯一救いなのが、就職活動が終わり内定式などは始まる時期なので、大学4年生が
Facebookでその様子を投稿してくると考えられます。狙うのであれば、この層に絞るとレスポンスが高いと考えられます。

【11月〜12月】

・ターゲット:なし
この時期は完全に閑散期です。巷はハロウィンからクリスマスに移り変わる時期ですので、女子会などに忙しくなります。
Facebookへの投稿は多いでしょうが、満ち足りている女性に付け入る隙はありません。この期間は英気を養って下さい。

【1月〜3月】

・ターゲット:女子高生
敢えて申し上げさせていただきますと、この時期は女子高生は狙える範囲に入ってくると考えられます。
年齢としても18歳を超えてくるケースが多く、進学先や就職先が決まり、余裕が出始めます。そして新生活の発信のため
Facebookを登録し発信し始める時期です。解禁前にボジョレーヌーボーを飲むような感覚でアプローチしていきましょう。

※全体を通しての注意点
18歳未満とは出会うのは厳禁です。解禁前に川で鮎漁を行ってはいけないように18歳未満を抱くのは法律違反です。
ただし、メッセージは可能です。
メッセージは可能ですが、盛り上がってしまい、メッセージに下着の写メ・肌が大きく露出している写メ・裸体の写メの
交換があれば、児童ポルノ・わいせつ罪・青少年育成条例に抵触する可能性があるので、注意してください。

(まとめ)

Facebookを利用する時期を見定めながらターゲットとする層を考察してまいりましたが、全体を通して女性の心が満ち足りて
くる時期は付け入る隙がありませんので、ご注意下さい。意外とハロウィンやクリスマス時期に期待しがちですが、女性たちは
そういった時に我々を相手にはしてくれません。しっかりと相手の弱みに付け込んでいきましょう。

SNS疲れの中にあるブルーオーシャン

巷ではSNS疲れという言葉を耳にする機会が増えてきました。それは特にFacebookに顕著に聞かれる話であります。
今回はこのSNS疲れが特に顕著なFacebookで敢えて出会いを求めることが正しいということを論述して参ります。

【女性に多い疲れ】

SNSに関するストレスについてのアンケート結果では、男性が5人に1人の割合で感じたことがあるが、女性は3人に1人の割合で感じたことがあるというデータがあります。また、Facebookユーザーの60%以上が他人の「リア充」をアピールする投稿にストレスを感じた経験があると回答してもいます。
こちらのデータは集計母数が655名であるため、信憑性は薄いが一様にFacebook内で垂れ流される他人の興味のない情報に嫌気が刺しており、特にそれは女性が感じているという結果が読み取れます。
(データ集計時は母数が1000名を超えなければ信憑性があるとは言えないことが統計学上の通説である)

【共感できないことに共感する】

これを踏まえ、女性へのアプローチは慎重に行う必要があると言えます。疲れている上に見知らぬ男性からメッセージが
届いたらどうでしょう。メッセージの返信は期待すべきではありません。
しかし、この障壁を乗り越えることができれば、どうでしょう。その先には途方もないブルーオーシャンを感じませんか?
女性は共感したい、もしくはして欲しい生き物なのですが、そんな女性が嫌気が刺しているというポイント下記に列挙します。

・興味のない情報(リア充投稿)が垂れ流されおり、その数が多すぎることで消化不良になっている。
・「いいね」「コメント」などの強要にする輩がいることで、ボタン押下が強迫観念になっている。
・職場などで苦手な人の人間関係の情報が入ってくる。逆に自分も見られている。

こういった勘違いユーザーを逆手にとることでブルーオーシャンへ1歩近づくこととなります。
方法としては順を追って下記に列挙し、簡単に説明を加えます。

①友達登録数が多く、投稿回数も多いユーザーの友達として紛れ込む。
あなたにとって近しくないユーザーにしましょう。友達登録の管理などはしていないため、友達承認はほどんどおります。

②興味のない垂れ流れてくる情報を一定期間定点観測する。
どの程度、興味のない情報が流れているかを観測してください。

③そのユーザーの友達登録されている中で全く動きのない女性を検索する。
無反応な女性ユーザーを探すためにも②の定点観測は大切です。

④興味のない情報に対し、共感できない趣旨のコメントを添え、女性へ送信する。
これによりユーザーの無意味な情報の垂れ流しに共感していない、あなたに私も共感していますよ。というメッセージを送ってみましょう。少し困ったような文面にし、こんなことFacebookで発信する意味ないですよね?とい短いもので大丈夫です。
そして、②〜④を繰り返してみてください。女性から反応がない場合は寄生先である①を変えて②〜④を繰り返してください。

【出会い系の中にヒントが隠れている】

この間、男性はFacebookで一切の発信を止めるべきです。
どちらかと言えばPCMAXに登録したような感覚でFacebookを使ってみてください。
男性であればPCMAXの掲示板に書き込むことは、ほぼありませんよね?女性を検索しアプローチするだけだと思います。
本件においてはサクラの活動が活発すぎ、女性登録者にまで迷惑をかけているので、少しだけ踏む行程が複雑になっていると思っていただければ、出会い系ユーザーの男性には理解いただけると思います。

【ブルーオーシャンは難しくない】

ブルーオーシャンはとは、これまでの既存の考え方と全く逆転の発想が必要だったり、革新的な技術により切り開けると勘違いしている人が多いですが、これは誤解です。
ブルーオーシャンは既存のシステムの中で、ほんの少し修正を加えてみることや、既存のやり方を別の場所で試してみるだけで切り開けるものなのです。

(まとめ)

Facebookとは言え、所詮はライトな出会い系です。SNS疲れの女とは言え、援デリ業者に比べたら可愛いものです。
我々は大量のサクラから大量の意味のない情報を受け続けています。
もっとディープな出会い系の中で凌ぎを削ってきた男性ユーザーであればすぐに攻略できます。ぜひ挑戦してFacebookが真っ赤なレッドオーシャンに変えてしまいましょう。

かつて憧れた女性を落とすには

誰しも中学時代、高校時代などに憧れた女子がいたものです。満を持して告白し、剣もほろろにフラれてしまった経験がある男性も多いのではないでしょうか。
そういう悔しい思い出を、いつかは晴らしてやりたいという思いをお持ちの男性に向けて、今回はFacebookを使った落とし方について論述して参ります。

【外壁を固める】

全くの新規の女性にメッセージを送ることに比べ、過去に顔見知りだったという点からターゲットへの参入障壁は下がりますが突然届くメッセージにターゲットは不審を感じるでしょう。しっかしと共通の友人を「友達」の中に入れ、ターゲットの視界に自分を入れるよう外壁を固めてからメッセンジャーを起動させてください。

【メッセージ送信時は理由付けを】

上記に関連しますが、ターゲットの不審感を和らげるため、メッセージを送るにしても何か理由が必要となります。
誕生日などに狙いを定めてメッセージを送ることをお勧めします。
また、突然の「いいね」や「コメント」は控えましょう。あくまでも外壁を固めている間は隠密の行動に徹してください。

【旬な時期は過ぎている】

メッセージのやり取りの中や、久々の再会ができたとして、過去に憧れていた女性という立場から男性が劣勢に立たされていると感じてしまい、コミュニケーションがぎこちなくなる可能性があります。しかし、女性の旬は20歳から下降する一方だと覚えておいてください。
劣勢に立っていると感じる気持ちは理解できますが、男性の方が圧倒的に優位なのです。いつまでもお高くとまっている女性は別として多くの女性は自分の旬が過ぎていることを自覚しています。このため、必要以上に相手に劣等感を感じる必要はありません。ターゲットは最早かつての輝きを失っています。

【嘘をつくこと】

メッセージ上でも構いませんので、ターゲットとコミュニケーションがスムーズに取れるようになってきた段階で昔話しをしてみましょう。「昔は好きだったな」だけでも構いませんので前後の文脈に注意しながら、フランクに受け止めてもらえるような文面を心掛けをして下さい。
そして「今でも好きかもね」「今も変わらず可愛いね」と嘘を付いて下さい。これにより旬を過ぎたターゲットの心を揺さぶる効果があります。

【目的をしっかりと見つめる】

ターゲット以上に容姿端麗な女性はFacebookの中に埋まっています。しかし、一旦ターゲットとコミュニケーションが取れるようになったのであれば、既婚者であっても抱くまで諦めるべきではありません。ターゲットに、昔の罪滅ぼしをしてもらうまでは明確な目的を忘れずに執着して下さい。
もう1点諦めるべきではない理由としては、本件においてでコミュニケーションが取れるターゲットは非常に少なく貴重であるからです。
いくら外壁を固め、様々な角度からのメッセージを送ってみてもレスポンスの可能性は低くなります。

(まとめ)

私の体感レベルではありますが、メッセージを10人送って1人返信があるか否かです。しかしながら返信があった女性は上記のマニュアルに従えば必ず抱けていました。
告白まではしていないが、昔好きだった女性を合わせると50人や60人いると思います。その中で5〜6人返信があるとすれば充分費用対効果は高いと言えますので、顔見知りの女性を思い出し見て下さい。

なぜFacebook連動型の出会い系が増えているのか

今回は、出会い系アプリ登録時にFacebookアカウントを必要とする、マッチングアプリの急増について考察して参ります。

【利用者に安心感を与えるためか】

マッチングアプリについては、比較的真剣交際を目論む男女が出会うようで、登録者を確認するソースを持つことで男女双方に安心感を与える戦略を打ち出したいがため、Facebookアカウントを必要としています。
Facebookアカウントは実名での登録が必要とされていますが名目上だけで、事実上はニックネームなどでの登録も実在し、どこまで信憑制のあるソースとして考えているかは利用者次第というところになっています。
ただし、サクラ対策なのかマッチングアプリでは、登録可能なFacebookアカウントに制限を設けているようです。
友達が10以下のアカウントはマッチングアプリを利用できない条件を出しています。
これら要素が相まって利用者に安心して出会える健全性を訴求していると考えられます。
■参考サイト
出会い系のDコム

【儲かるシステム】

このFacebook連動型マッチングアプリは月会費制であるため、登録者が増加すればするほど大きな安定的収入に繋がります。
他の出会い系アプリでは利用するポイント分を課金するというシステムであったため、登録者が多くても実質的に活動するアクティブ率が重要になるため、登録者=収益にはなっていませんでした。しかし、これが月会費制となると最早ドル箱状態で、後発のマッチングアプリも同様のシステムを構築しているため急増に繋がっているようです。

【本当にそれで良いのか】

ここまではマッチングアプリが何故Facebookと連動しているのか、そして急増している要因について考察して参りました。
真剣な男女の交際を邪魔するサクラがおらず、利用者は安心してパートナーを見つけることができる。
運営企業も笑いが止まらない。良くわかりました。しかしながら、本当にこれで良いのでしょうか?
そもそも男女の出会いの場には必ずと言って良いほどサクラが付き物です。様々な事情を抱えながら援助を求める女性もいます。また、一晩だけの体の関係を持とうとする男性も、都合の良いセフレを探そうとする男性もいるでしょう。
このように多くの魑魅魍魎が跋扈する世界こそが出会い系なのではないでしょうか?この混沌とした世界の中で光るパートナーを見つけることで得られるもの大きいのだと思います。騙し騙され、強くなり人を見る目も養われるでしょう。
この人間を成長させてくれる過程を差っ引いて、マッチングアプリに差し出されたパートナーが果たして最高と言えるのでしょうか?

(まとめ)

正しい道と幸せな道は異なります。私個人の所感を敢えて述べさせていただきますと、幸せな道はマッチングアプリでしょう。
しかし正しい道は出会い系だと思います。薔薇の道が正しいことだってあり得ます。
目先の幸せを選択し選球眼が養われないままパートナーを決めてしまうよりは、険しさを選び本物を見定める眼を持つ必要を感じます。危険な出会い系アプリが、今後も多く排出されることを望みます。

ナンパから見るFacebookで出会うということ

SNSなどを使って女性との出会いを求めることを「ネットナンパ」と呼称します。Facebookで出会うことも言ってみればナンパと同じなのです。
今回はナンパから学ぶFacebookの作り込み方を考察し、そこから得られるものについて論述して参ります。

【女性目線での作り込み】

必須事項ですが見た目が大切です。とは言っても、これは容姿端麗と申し上げているわけではなく、清潔感やご自身に合った服装を心掛けるというものです。過度に自己主張するのではなくターゲットとする女性がどう感じるかという視点から逆算する力が必要になると言えます。
雰囲気イケメンというのをお聞きになったことがあると思いますが、要はあれをFacebookページ上で目指していただくということです。悪い印象を与えないようにするということで、力み過ぎて良く見られようとする必要はありません。
最低ラインの及第点をもらえれば、それで大丈夫です。
具体的なページ上の作り込み方を下記に列挙します。
・本人画像はアップしない
よほど容姿に自信があっても本人画像の投稿は避けましょう。ナルシストは女性の敵です。
・マニアックな嗜好は厳禁
あくまでも間口を広く設けておく必要があります。一般受けしない趣味嗜好は発振しないことを心に誓ってください。
・実名登録
Facebookは実名登録制を謳っていますが、実質的にはニックネームでの登録が可能です。女性が受ける印象を考慮し本名をお勧めします。
・投稿回数と内容
投稿回数は、月1回くらいのペースにしましょう。全くの0は怪しまれますが、非常に少ないペースで構いません。
つまらない情報発信の垂れ流しは逆効果です。

【マインドセット】

この場合は、Facebookメッセンジャーでメッセージを送信する際の心構えになります。
ナンパで言うところの声掛けに相当します。ナンパに限らず何事も初めから上手くいくことは、この世に存在しません。
女性を抱きたいという明確な目的を忘れず、初めは画一的なメッセージを多くの女性に送信してみましょう。
そこで得られる反応を効果検証してみましょう。返信がないということも反応ですので、一定期間継続してください。
ナンパ初心者が最も陥り易いことは、女性の無視により心が折れてしまう。ということです。
Facebookでメッセージを無視されるということは、これに比べ圧倒的にダメージが少ないです。この志に学び心が折れてもメッセージ送信を継続してください。具体的なメッセージ内容の注意点を列挙しておきます。
・自己紹介は必ず入れる
身元不明の男性には返信はありません。
・丁寧な言葉で
フランクなメッセージは馴れ馴れしい心象を受けます。ナンパであっても丁寧なファーストコンタクトが好印象です。
・奇をてらわない
メッセージ送信する際に、女性1人1人の調査をしている暇はありません。画一的な内容をできる限り多くの女性に送信しましょう。相手を見定めたファーストコンタクトの取り方は経験値がものを言います。今できることをやりましょう。
・余裕を持つ
返信が途絶えた相手に暴言を吐くということはないと思いますが、レスポンスが悪い女性や、礼節を弁えない女性に対して怒りの感情を持って接してはいけません。大きな心で受け止める余裕が必要です。そもそも礼儀がないのはメッセージを送信している我々の方です。

【得られるを考える】

Facebookでネットナンパをして得られるものは、女性とのSEXです。これは目的であり至上命題ですが、Facebookという困難な状況下だからこそ得られるものがあります。それは男性としての風格です。難しい状況を潜り抜けた男性だからこそ持っているオーラのようなものです。
目的は女性を抱くということかもしれませんが、男としての風格を身に付けるという大きな夢に臨んでいると考えて自分への投資を惜しまないで下さい。

(まとめ)

夢は初めは手の届かないものかもしれません。しかし、小さな目標を目的を持って1つ1つ達成することで、夢が目標に変わりいつしか手の届く範囲に近づいてきます。
Facebookを出会い系代わりに使うことなどは、端から見ると男のクズがやるようなことですが、それで良いのです。
男の風格を身に付けたものこそが多くの女性を抱けるものなのです。言いたい奴には好きなように言わしておきましょう。

パンツスーツが大好きな男性に向けて

世の男性の中には女性のパンツスーツが大好きな方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、この男性のフェチズムにフォーカスしながらFacebookを活用した出会いについて論述して参ります。

【パンツスーツの魅力とは】

パンツスーツはタイトスカートよりも、ヒップラインが強調されます。デザイン的にジャケット丈がショートであるため余計ヒップラインが見えやすく、歩いている時の後ろ姿は、ヒップと太ももの境目が浮き出してきます。
さらにパンティーラインが見易いという特徴があり、逆に見えないケースではTバックを履いている可能性も高まります。

【パンツスーツから見る女性心理】

一般的に女性のスーツはスカートのものになりますが、何故そこを敢えてパンツスーツを選択しているのかということですが男性に引けを取らず仕事ができる自分をアピールしたいのでしょう。キャリアウーマンとして競争し出世欲なども強いのではないでしょうか。

【アピールが裏目に】

前途したように、女性がパンツスーツでアピールしたい「強さ」とは裏腹に、男性からは「エロさ」としての視線を送られています。このギャップに気付かず強い女性をアピールしようと強調してるところに男性はフェチズムを感じます。
また、強さを主張する女性を抱いた時の達成感が高いということもフェチズムとしての重要な要素になります。

【なぜFacebookなのか】

ポイントとしては女性に一定のキャリア志向があるということが挙げられます。SNSの中でもビジネスツールとしての色合いが強いため、キャリア志向の女性が集まり易いと考えられ、スーツ着用時にはパンツスーツの比率が上がると予想されます。

【手法について】

ここまでは、パンツスーツの素晴らしさと、そこから得られるフェチズム、そしてFacebookを利用することで高まる比率について論じて参りましたが、ここからは具体的にパンツスーツを手に入れる手法について具体例を列挙して参ります。
・年齢差のある年下の女性をターゲットとする
キャリア志向が強いと予想されるため同年代には興味を示さない可能性があります。年上男性を好む習性を利用しましょう。
・仕事の話から入る
ファーストコンタクトのメッセンジャーは仕事の話から入りましょう。女性のFacebookページから情報を収集し共通点を見つけながらアプローチし、パンツスーツにとっての仕事に繋がるかもしれないという興味関心を引いてください。
・嘘でも良いので「できる男」を演じる
これはメッセンジャーでのやり取りから出会った後にまで問われることです。食事に出掛ける時などはスーツを着用するなど身なりに対する意識は上げておく必要があります。
・とにかく褒める
女性は褒められたい生き物ですが、パンツスーツも同様に褒められたいと感じています。しかし、少し褒める際のテクニックが必要になります。パンツスーツが身に付けている時計を褒める時などは「仕事で頑張って買ったんだね。センス良いね。」と一言仕事努力していることについて触れてあげることが大切です。
・他の女性と比較する
上記に近くなりますが、パンツスーツは他の女性よりも優位に立ちたいと考えている場合が多いです。
「キミは少し変わった魅力があって素敵だね。」などという言葉も有効になります。
・下手にアドバイスはしない
パンツスーツは放っておくと勝手に自らペラペラと喋り始めます。つまらない話ばかりですが、頷きながら聞くだけで大丈夫です。下手にアドバイスをすると男性の虚言がバレる可能性があるので控えておきましょう。

【簡単に言うと詐欺だということ】

要はパンツスーツを抱ければ良いのです。もっと言うと同じ女性であってもパンツスーツを着ていなければ抱く意味がありません。その目的をしっかりと見据えたアプローチの中に多少の脚色は必要となります。結局的に仕事に繋がるような話は何もなかったとしても「体が繋がったでしょ?」と軽く微笑む余裕を見せると、できる男感が高まるのではないでしょうか?

(まとめ)

私の個人的な体感レベルではありますが、パンツスーツの股は比較的堅いと言えます。自分よりもキャリアの高い男性を求める傾向があるため難易度は上がりますが、年齢差を用いることで一気に股は緩くなります。逆の言い方をすると自分よりもキャリアが高そうな男性にはホイホイ股を開いているのではないでしょうか?ぜひ若いキャリアウーマン予備軍をFacebookで見つけてみてください。

就活女子の隙間に付け込むことができるという事実

昨今の就職戦線では、大手企業への希望が集中し、激戦の様相を強めています。
これにより就職活動を行っている女子学生にとっては、一抹の不安が大きな不安に繋がっており、そこにこそ付け込む隙があるということからFacebookを利用することで就活女子と出会える可能性について論述して参ります。

【Facebookに怯える就活女子】

多くの企業が学生1人1人のFacebookページを確認し、それを採用基準に盛り込んでいるとは考え辛いですが採用される側である女子学生としては、必要以上の内容を不用意にSNSで発信することに恐怖を感じています。
逆に申し上げると、Facebookに登録し適切な内容を発信することで自己アピールのツールとして使えるのではないか?と考えている就活女子がいることも確かです。Facebookで探りを入れることが大切です。

【とにかくアピールしたい病い】

就活女子は面接での自己アピール合戦の最中にいます。このストレスが掛かった状況下では、所構わず自分をアピールし理解してもらいたいという欲求が高まっています。ここで「就活大変だね。話聞くよ。」と社会人男性に言われると社会を経験している先人に学びたい欲求も相まり一層就活女子との出会いのチャンスが広がります。
1点注意が必要なことは、決して「採用担当者」と身分を偽って就活女子に近づかないことです。
トラブルになった時に、何らかの罪に問われてしまいます。

【体の面接を実施するということ】

数多の学生がひしめき合う中、企業の採用担当者に内定をもらうということは自分のアピールが認められる必要があります。
達成するためには手段を選んでいる場合ではなく、必要であればSEXも辞さないという覚悟が必要だ。とでも言うと股を開くかもしれません。

【容姿であるという結論】

統計学上、容姿の優劣と年収には相関関係があることをアメリカの経済学者ダニエル・S・ハマーメッシュが証明しています。
実際に、同じ力量であれば容姿が優れている女性が採用されることは大企業の受付嬢などを見ると一目瞭然でしょう。
少しブサイクでも抱けるという男性にとっては、これ以上ない機会と言えます。不採用通知を受け取り悩んでいるブサイクな就活女子の心の隙間は広がる一方です。今すぐ埋めるための行動を起こしてください。

(まとめ)

就活は学生にとって初めて社会と繋がり体感するストレスと言えます。
このストレス度合いは「自分を受け入れてくれる人はいないのではないか?」と考えてしまうほどです。
こういった隙を見せている就活女子は、時期限定で漁が解禁される鮎のようなものです。Facebookで近づき「話を聞くよ」と人生の先輩として優しく囁いてあげて下さい。

情報がだだ漏れのFacebookだからこそできる荒技

今回は現代のSNSの弊害とも言える個人情報がだだ漏れ状態のFacebookの隙に付け込み女性と出会う方法について論述して参ります。

【だだ漏れの情報を見極める】

Facebookはビジネスツールの色合いが強く、他人が興味を持たないであろう無駄な発信が日々繰り返されています。
この状況下で下記のような情報に注視することで、女性との出会いの場が潜んでいることを理解してください。

・大型なビジネス交流会に参加したという投稿
これ1点に集中しましょう。もちろんご自身がそこに参加していれば尚良いのですが、参加されていなくても構いません。
ここで情報を精査する上でのポイントを列挙します。

・100人以上の不特定多数が参加していること
・立食形式など座席が決まっておらず軽食が提供されていること
・つまらないスピーチをする主役が決まっており他の人間は賑やかしであること

注意点が必要なのは結婚式など関係性が濃密な人間が集まる場は避けてください。また、座席が決められており講演会形式で講師の話を只管聞くだけのような会合も、これには向きません。
あくまでも不特定多数です。そして、ビジネス色が程良く強いものになりますが、例えば下記のようになります。

・政治家の政治資金記念パーティー
・都内で行われる各都道府県の県人会
・ビジネス異業種交流会(男女の出会いを主体としたものは除く)

こういった交流会は一見参加するのにハードルが高そうですが比較的容易に潜り込めます。特に政治資金記念パーティーなどは賑やかしのための人数集めが必要ですので、何の興味もない女性が勤務先から招集を掛けられているケースが多いです。

【情報ソースのリーチを広げる】

上記したような交流会情報は何もFacebook内の投稿に情報を求める必要はありません。WEB上に情報が転がっています。
こういった情報ソースにまでリーチを広げ、その交流会に参加したという投稿を探すことが可能です。
幅広く収集した情報をFacebook上で発信している投稿を探し、そこに参加していたであろう女性をリストアップします。
「いいね」を押していたり「シェア」をしていれば参加していたことが濃厚ですし、「一緒にいます」という情報も見過ごせません。

【SNSが抱える闇に付け込む】

交流会に参加したことのある方であればご理解いただけると思いますが、様々な不特定多数の人間と名刺交換を行います。
この受け取った名刺の1枚1枚について、顔と名前が一致する方がどれだけいるでしょうか?そのほとんどは忘れ去られ下手をすれば名刺は紙くずとしてゴミ箱行きです。
しかし、その相手からメールなどが届けばどうでしょうか?失礼のないように返信が必要になります。
このツールがビジネス色の強いFacebookというSNSであれば、そのレバレッジを発揮します。
これがSNSひいてはFacebookが抱える大きな闇です。仕事上に繋がるかもしれない相手には非礼があってはならないという心理に付け込むのです。

【一言で決める】

上記でリストアップした女性にメッセージをする際は、グダグダ自己紹介する必要はありません。あなたは名刺を渡していることになっているのです。「先日はお世話になりました。またお話ししたいですね。これからもよろしくお願いします。」
これで全てが決まります。
そしてメッセージでのやり取りは最小限に留めましょう。ボロがでます。方法交換を言い訳に女性を誘い出してください。
1度会ってしまえば、過去の交流会の話などは意味をなしません。あなたのペースに乗せてください。
「覚えてないんですか?私は覚えてますよ。美人だったんで。」とでも言っておけば女性は気持ちよくなるものです。

(まとめ)

上記手法は、あなたが実際に会合に参加していた際に目を付けた女性で会話ができなかった女性を誘い出したい場合にも転用できます。ただ、あなたが実際に会合に参加していない場合にこそ醍醐味があります。
ぜひ、Facebookの闇に飲み込まれている女性を誘い出す際の参考にしてみてください。