Facebookだからこそ実現できるストーキング術

単語からストーカーを連想される方も多かと思いますが、Stalkingとは「獲物に気付かれないよう接近する技術」
という訳があります。
まず冒頭で申し上げることとしては、ストーカー行為を推奨しているわけではなく、あくまで技術の一つについてを
論述するということです。

【動物界に学ぶ】

大型の猫科の大型動物は概ね、この形で狩猟を行っています。気配を消し音を立てずに草食動物の風下に回り込み匂いで気付かれないようにします。低い体勢を保ちつつ、距離を詰め自分の間合いに入った瞬間に一気に喉元を掻っ切ります。百獣の王と言われているライオンでさえ、このスタイルを取ります。決して卑怯な手ではないことをご自身に言い聞かせてください。

【人間界に置き換える】

とは言いつつも、人間は風下に回ろうと体勢を低く保とうと突然飛びかかってはいけません。しっかしとした事前調査が必要であるということであり、これをFacebookで行うということです。
この時、注意点としてはあなたのターゲットは発信している情報量により決まるということです。
つまり「この女性を狙いたい」ではなく「この女性情報発信しているから狙う」というロジックになります。

【発信している情報の性質】

次に、発信されている情報の性質を見極める必要があります。具体的に必要なソースとしては下記になります。
・場所が特定できること
・定期的であること
・その場所でどういった活動を行っているか

特定のお店に定期的に足を運んでいるということでも構いませんし、勤務先での出来事でも構いません。
時間・場所・頻度、その場所の活動内容が必要となります。

【別れさせ屋に学ぶ】

世に実在する「別れさせ屋」において、エージェントの接触方法は様々ですが、ファーストコンタクトは何気ないものです。
道端でぶつかることから始まるケースもあるようです。我々はターゲットの情報ソースがFacebookに限られてきますので「別れさせ屋」のようにターゲットありきではありません。あくまでも情報ありきでスタートしターゲットを決め、道端でぶつかりにいくと言うことになります。

【結局はナンパであるという事実】

この時、Facebook自体は情報収集源としてのツールとしてしか使われないかもしれませんが、上記で収集した情報を元に現地調査を行い、ロールプレイングを行って下さい。何事も自分の目で確かめておくということが大切です。
カフェ店員などでの接客業の女性であれば接触できる可能性が上がるため障壁が低いと考えられます。数回通っているうちにターゲットとの共通点があることを装って話しかけてみるのも効果的です。ファーストコンタクトで何とかしようとするのは困難です。出会い系であっても援助でもなければ、その日のうちに抱けることは少ないかと思います。

(まとめ)

結果的にはストーカー行為のように映ってしまい誤解を生むかもしれませんが、本件においては情報収集をし接触を図る技術を論述しているだけです。抱ければ執着しませんし視界から消えますので安心いただきたいと思います。
人によってはメッセンジャーでコンタクトを取られる方法を選択されても結構ですが、偶然を装って女性にアプローチすることの緊張感を味わっていただきたいです。ぜひ参考にしてみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *