就活女子の隙間に付け込むことができるという事実

昨今の就職戦線では、大手企業への希望が集中し、激戦の様相を強めています。
これにより就職活動を行っている女子学生にとっては、一抹の不安が大きな不安に繋がっており、そこにこそ付け込む隙があるということからFacebookを利用することで就活女子と出会える可能性について論述して参ります。

【Facebookに怯える就活女子】

多くの企業が学生1人1人のFacebookページを確認し、それを採用基準に盛り込んでいるとは考え辛いですが採用される側である女子学生としては、必要以上の内容を不用意にSNSで発信することに恐怖を感じています。
逆に申し上げると、Facebookに登録し適切な内容を発信することで自己アピールのツールとして使えるのではないか?と考えている就活女子がいることも確かです。Facebookで探りを入れることが大切です。

【とにかくアピールしたい病い】

就活女子は面接での自己アピール合戦の最中にいます。このストレスが掛かった状況下では、所構わず自分をアピールし理解してもらいたいという欲求が高まっています。ここで「就活大変だね。話聞くよ。」と社会人男性に言われると社会を経験している先人に学びたい欲求も相まり一層就活女子との出会いのチャンスが広がります。
1点注意が必要なことは、決して「採用担当者」と身分を偽って就活女子に近づかないことです。
トラブルになった時に、何らかの罪に問われてしまいます。

【体の面接を実施するということ】

数多の学生がひしめき合う中、企業の採用担当者に内定をもらうということは自分のアピールが認められる必要があります。
達成するためには手段を選んでいる場合ではなく、必要であればSEXも辞さないという覚悟が必要だ。とでも言うと股を開くかもしれません。

【容姿であるという結論】

統計学上、容姿の優劣と年収には相関関係があることをアメリカの経済学者ダニエル・S・ハマーメッシュが証明しています。
実際に、同じ力量であれば容姿が優れている女性が採用されることは大企業の受付嬢などを見ると一目瞭然でしょう。
少しブサイクでも抱けるという男性にとっては、これ以上ない機会と言えます。不採用通知を受け取り悩んでいるブサイクな就活女子の心の隙間は広がる一方です。今すぐ埋めるための行動を起こしてください。

(まとめ)

就活は学生にとって初めて社会と繋がり体感するストレスと言えます。
このストレス度合いは「自分を受け入れてくれる人はいないのではないか?」と考えてしまうほどです。
こういった隙を見せている就活女子は、時期限定で漁が解禁される鮎のようなものです。Facebookで近づき「話を聞くよ」と人生の先輩として優しく囁いてあげて下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *