パンツスーツが大好きな男性に向けて

世の男性の中には女性のパンツスーツが大好きな方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、この男性のフェチズムにフォーカスしながらFacebookを活用した出会いについて論述して参ります。

【パンツスーツの魅力とは】

パンツスーツはタイトスカートよりも、ヒップラインが強調されます。デザイン的にジャケット丈がショートであるため余計ヒップラインが見えやすく、歩いている時の後ろ姿は、ヒップと太ももの境目が浮き出してきます。
さらにパンティーラインが見易いという特徴があり、逆に見えないケースではTバックを履いている可能性も高まります。

【パンツスーツから見る女性心理】

一般的に女性のスーツはスカートのものになりますが、何故そこを敢えてパンツスーツを選択しているのかということですが男性に引けを取らず仕事ができる自分をアピールしたいのでしょう。キャリアウーマンとして競争し出世欲なども強いのではないでしょうか。

【アピールが裏目に】

前途したように、女性がパンツスーツでアピールしたい「強さ」とは裏腹に、男性からは「エロさ」としての視線を送られています。このギャップに気付かず強い女性をアピールしようと強調してるところに男性はフェチズムを感じます。
また、強さを主張する女性を抱いた時の達成感が高いということもフェチズムとしての重要な要素になります。

【なぜFacebookなのか】

ポイントとしては女性に一定のキャリア志向があるということが挙げられます。SNSの中でもビジネスツールとしての色合いが強いため、キャリア志向の女性が集まり易いと考えられ、スーツ着用時にはパンツスーツの比率が上がると予想されます。

【手法について】

ここまでは、パンツスーツの素晴らしさと、そこから得られるフェチズム、そしてFacebookを利用することで高まる比率について論じて参りましたが、ここからは具体的にパンツスーツを手に入れる手法について具体例を列挙して参ります。
・年齢差のある年下の女性をターゲットとする
キャリア志向が強いと予想されるため同年代には興味を示さない可能性があります。年上男性を好む習性を利用しましょう。
・仕事の話から入る
ファーストコンタクトのメッセンジャーは仕事の話から入りましょう。女性のFacebookページから情報を収集し共通点を見つけながらアプローチし、パンツスーツにとっての仕事に繋がるかもしれないという興味関心を引いてください。
・嘘でも良いので「できる男」を演じる
これはメッセンジャーでのやり取りから出会った後にまで問われることです。食事に出掛ける時などはスーツを着用するなど身なりに対する意識は上げておく必要があります。
・とにかく褒める
女性は褒められたい生き物ですが、パンツスーツも同様に褒められたいと感じています。しかし、少し褒める際のテクニックが必要になります。パンツスーツが身に付けている時計を褒める時などは「仕事で頑張って買ったんだね。センス良いね。」と一言仕事努力していることについて触れてあげることが大切です。
・他の女性と比較する
上記に近くなりますが、パンツスーツは他の女性よりも優位に立ちたいと考えている場合が多いです。
「キミは少し変わった魅力があって素敵だね。」などという言葉も有効になります。
・下手にアドバイスはしない
パンツスーツは放っておくと勝手に自らペラペラと喋り始めます。つまらない話ばかりですが、頷きながら聞くだけで大丈夫です。下手にアドバイスをすると男性の虚言がバレる可能性があるので控えておきましょう。

【簡単に言うと詐欺だということ】

要はパンツスーツを抱ければ良いのです。もっと言うと同じ女性であってもパンツスーツを着ていなければ抱く意味がありません。その目的をしっかりと見据えたアプローチの中に多少の脚色は必要となります。結局的に仕事に繋がるような話は何もなかったとしても「体が繋がったでしょ?」と軽く微笑む余裕を見せると、できる男感が高まるのではないでしょうか?

(まとめ)

私の個人的な体感レベルではありますが、パンツスーツの股は比較的堅いと言えます。自分よりもキャリアの高い男性を求める傾向があるため難易度は上がりますが、年齢差を用いることで一気に股は緩くなります。逆の言い方をすると自分よりもキャリアが高そうな男性にはホイホイ股を開いているのではないでしょうか?ぜひ若いキャリアウーマン予備軍をFacebookで見つけてみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *