かつて憧れた女性を落とすには

誰しも中学時代、高校時代などに憧れた女子がいたものです。満を持して告白し、剣もほろろにフラれてしまった経験がある男性も多いのではないでしょうか。
そういう悔しい思い出を、いつかは晴らしてやりたいという思いをお持ちの男性に向けて、今回はFacebookを使った落とし方について論述して参ります。

【外壁を固める】

全くの新規の女性にメッセージを送ることに比べ、過去に顔見知りだったという点からターゲットへの参入障壁は下がりますが突然届くメッセージにターゲットは不審を感じるでしょう。しっかしと共通の友人を「友達」の中に入れ、ターゲットの視界に自分を入れるよう外壁を固めてからメッセンジャーを起動させてください。

【メッセージ送信時は理由付けを】

上記に関連しますが、ターゲットの不審感を和らげるため、メッセージを送るにしても何か理由が必要となります。
誕生日などに狙いを定めてメッセージを送ることをお勧めします。
また、突然の「いいね」や「コメント」は控えましょう。あくまでも外壁を固めている間は隠密の行動に徹してください。

【旬な時期は過ぎている】

メッセージのやり取りの中や、久々の再会ができたとして、過去に憧れていた女性という立場から男性が劣勢に立たされていると感じてしまい、コミュニケーションがぎこちなくなる可能性があります。しかし、女性の旬は20歳から下降する一方だと覚えておいてください。
劣勢に立っていると感じる気持ちは理解できますが、男性の方が圧倒的に優位なのです。いつまでもお高くとまっている女性は別として多くの女性は自分の旬が過ぎていることを自覚しています。このため、必要以上に相手に劣等感を感じる必要はありません。ターゲットは最早かつての輝きを失っています。

【嘘をつくこと】

メッセージ上でも構いませんので、ターゲットとコミュニケーションがスムーズに取れるようになってきた段階で昔話しをしてみましょう。「昔は好きだったな」だけでも構いませんので前後の文脈に注意しながら、フランクに受け止めてもらえるような文面を心掛けをして下さい。
そして「今でも好きかもね」「今も変わらず可愛いね」と嘘を付いて下さい。これにより旬を過ぎたターゲットの心を揺さぶる効果があります。

【目的をしっかりと見つめる】

ターゲット以上に容姿端麗な女性はFacebookの中に埋まっています。しかし、一旦ターゲットとコミュニケーションが取れるようになったのであれば、既婚者であっても抱くまで諦めるべきではありません。ターゲットに、昔の罪滅ぼしをしてもらうまでは明確な目的を忘れずに執着して下さい。
もう1点諦めるべきではない理由としては、本件においてでコミュニケーションが取れるターゲットは非常に少なく貴重であるからです。
いくら外壁を固め、様々な角度からのメッセージを送ってみてもレスポンスの可能性は低くなります。

(まとめ)

私の体感レベルではありますが、メッセージを10人送って1人返信があるか否かです。しかしながら返信があった女性は上記のマニュアルに従えば必ず抱けていました。
告白まではしていないが、昔好きだった女性を合わせると50人や60人いると思います。その中で5〜6人返信があるとすれば充分費用対効果は高いと言えますので、顔見知りの女性を思い出し見て下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *